サンセットケガワ

毛皮の採取をする際にその原料になる動物から剥がす必要がありますがこれらが生きたまま行われることはありません。 生きたままの状態で行うと動物が暴れてしまい毛皮としての品質が低下するだけではなく採取を行う人の身にも危険がありますから必ず絶命させてから行います。絶命させる方法は電気ショックが主流ですので動物は苦痛を感じること無く絶命します。そうして速やかに動物の体から毛皮が取られますので一連の作業は流れ作業で行われている場合が殆どです。大昔には生きたまま採取する方法もありましたが現在では倫理的な観点から毛皮を採取する場合にはできるだけ動物に苦痛を与えない方法で採取することが推奨されています。身の回りのファッションや小物などに使われている毛皮はすべて生きたままではなく死後に採取された製品ばかりですから一定の品質が保たれているのです。毛皮の製造過程で生きたまま採取を行う工場は現代は皆無に近い状況でもあります。

毛皮の採取は生きたままでは行われない