サンセットケガワ

タヌキは日本や中国などのアジアを中心に毛皮が活用されている動物であり、日本においては輸出や輸入が盛んに行われています。 北海道や東北などの寒い地方のタヌキの毛皮が良質であり、国内外問わずに人気がありますが、日本においては保護対象となっている動物であるため、輸出するためには証明書が必要であり、一般的に洋服のファーなどに使用されるのは、中国産のものが多いです。 タヌキの毛皮は柔らかくて保温性が高いため、コートなどの防寒具に活用されることが多いですが、長毛部分を活用して筆などに加工されることもあります。 タヌキの毛皮は、アライグマの毛皮と間違われることも多いため、素材表記をする場合には、しっかりとタヌキと表示することが定められています。 タヌキは、産地によって毛色が異なるという特徴がある動物ですが、多くのものはブラックとブラウンが混ざり合った色合いをしています。 脱色されてから素材として使用されることもありますが、自然色でも十分な人気を有しています。

タヌキの毛皮の特徴と人気について